上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
インフルエンザやら台風やら、いろいろ心配なことが多かった今回の旅から、無事みんな帰ってきました。
総勢12名を引き連れての道中は大変だったと思うけれど、誰も迷子にもならず、皆本当に楽しかったみたいで、よかったよかった。

だんなによると、子供達からは一度も否定的なコメントが出なかったということ。食べ物も習慣も違う国だけれど、みんなしっかりとポジティブに受け止めて、彼らにとっては不気味な食べ物もトライして、がんばったらしい。

某所に表敬訪問したとき、みんな上手に日本語で挨拶しているのをビデオで見て、私はPC画面の前で思わず拍手してしまった。「はじめまして。○○です。どうぞよろしくお願いいたします」というごく簡単な挨拶で、こっちで一緒に練習したんだけれど、皆堂に入った感じで、本当に感心。

お別れ会ではトイ・ストーリーの「君はともだち(You've Got a Friend in Me)」を英語と日本語で。日本語は「You've Got a Friend in Me」のところを「俺がついてるぜ!」と、裕次郎風に歌うだけなのだけれど、これが大受けだったらしい。
それから出し物として「アルゴリズム行進」を披露。これも練習の甲斐あって大成功。

最後は涙のお別れだったようで、特に女の子達は大泣き。私もその場にいたら絶対泣いてたな。男の子は意外とあっさりしてました。

一方、次男は帰ってきただんなを空港で見たとたん涙ぐみ、それを見ただんなもうるうる状態。
どこまでもドラマチックな父と子なのでした。(笑)

スポンサーサイト
2009.10.21 Wed l 脱力ファミリー l COM(6) l top ▲

コメント

アルゴリズム!!!
アルゴリズム!!!
それはオオウケだったでしょうね~。
あれは特訓を要したでしょう。某所でもご披露したら良かったのに、なんて。

ご無事のご帰還、良かったネ。
Kanaさんはウルウルじゃなかったの?
読んでてわたしがウルウルでしたわ。(笑)
2009.10.21 Wed l ブル子。. URL l 編集
ご無沙汰してます
すごい経験だったねー。
長男くんや子供たちはもちろんのこと、
ダンナさんにとっても、忘れられない経験になるよね。

次男くん、ウルウルしちゃったんだ。
かわいーね。(ダンナさんも・笑)

ところで、裕次郎風って・・・。
一体誰が裕次郎をわかるのでしょうか。(爆)
2009.10.21 Wed l さく. URL l 編集
よかったよかった!
無事は何よりのお土産ですね~。
自分が飛びまわっていた若かりし頃。こんなドラ娘でも親を心配させたに違いないと、
親にならないとわからないもんですな・・・(あ、今もかな。汗。)

日本を楽しんでもらったようで、なんだか私まで嬉しくなったよ。
私も今いる場所を好きになるように頑張ってみます!
(時々大変・・・苦笑)
2009.10.21 Wed l まにまに. URL l 編集
お帰りなさ~い!
あぁ~、少し前に日本で見たドキュメンタリー思い出した(^_^;)。
やっぱりアメリカから八丈島だかへホームステイした学生達と、受け入れ家庭のドキュメンタリーだったんだけど、その家にいた高校生の女の子はほとんど英語が喋れなくて、あんまりコミュニケーション取れなかったんだよね。
でも彼女の家が受け入れたアメリカ人は白人男性で、まぁ普通の日本人女性から見たらハンサムの部類で、帰る日に高校生の彼女は泣いちゃうんだ。
でも男の子は「ろくに心の触れ合いもなかったし、何で泣くの?」みたいな感じで困惑してた‥‥、と、私には見えた(^_^;)。
彼女はこれですっかり盛り上がってしまい、将来はアメリカに留学するのが夢‥‥とか言ってたんだけど。

長男君とご一同様は、日本で何を学んできてくれたんだろうか。
‥‥っていうか、長男君とご主人は、日本のエキスパート扱いだったろうから、アチコチでリーダーにされていろいろ大変だったろうね。

日本も昔と違って、ニンテンドー、ポケモン、ホンダ、ソニーのハイテクの国だから、最初から馬鹿にした視線で来る人たちは少ないからまだ安心していられる自分がいるわ‥‥(^_^;)。
昔だったらけっこうハラハラもんだったのかもね。
2009.10.22 Thu l ほぜこ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.10.22 Thu l . l 編集
No title
◎ブル子さん
アルゴリズムはねー、やっぱりけっこう練習してたね。(笑)
長男がYou Tubeかなんかで見て、これをやりたい!といって決まったのでした。子供達はすごく気に入ってやってたけど、アメリカ側の父兄は「???」という反応だったのがおかしかった。

私もウルウルだったよー。ひとりけっこうクールに決めていたのは長男でした。

◎さくさん
ふふ、裕次郎風はね、誰もわからないよね。だってさ、長男の受け入れ先のお母さんなんて、32才なんだよ32才!!(涙)

◎まにまにさん
そうそう、私も自分の国だから、みんなが心から楽しんで帰ってきたのを見ると、本当に嬉しい。まにまにさんもがんばれー!!

◎ほぜこさん
だんなは引率兼ガイド兼通訳で大変だったと思うんだけど、でも自分もやっぱりこういうプログラムで日本を好きになった人だから、とてもやりがいがあったみたい。
ちなみに、子供達にいちばん受けてたのは、今川焼き(カスタードクリーム入り)だったそうです。今川焼きばんざい。(笑)
2009.10.22 Thu l kana. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。