上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
愛用のノートPCがぶっ壊れました―。

まず、「たい」「かい」などと日本語入力すると、「たい1」「か1い」など、「1」が入る。ゆっくり打てばOK。
「か」と打つと、ATOKの省入力候補ががんがん出てくる。

という症状に始まり、
これだけでも気が狂いそうだったのですが、そのあとに出てきた悪夢のような問題に比べれば、こんなのはまったくたいした事はなかったのです。

その悪夢のような問題とは、名づけて
「勝手に上にスクロールする症候群」。

カーソルが、どんどん上に上がっていってしまうのです。
デスクトップ上にカーソルを置くときは動かないんだけれど、アプリケーションやメニュー、フォルダの中でもぐんぐんと上がり、
しまいにはスピードアップして目にもとまらぬ速さで上下に移動。

タッチパッドを無効にしても、だめ。
マウスを取り外しても同じなので、マウスではない。
上向きの矢印キーが問題かと思い、矢印キーを押すと、なおる時もあるし、まったくなおらない時もある。

そしてこの問題、まったく出ないときもある。しかし出るときは突然始まって、終わらない。

このメーカーは日本のメーカーなのですが(OSも日本語)、国外でもサポートしているので聞いてみたところ、

ATOKをIMEに変えてみる
それでもだめならリカバリ
それでもだめなら修理に出す

と勧められました。

ノートPCには翻訳作業の効率化のためにいろいろアプリケーションを入れているので(Jamming、ATOK、秀丸エディタなど)、それを最初からまたインストールする時間も余裕も、私にはない!!!とひとりじたばたしてみましたが、もうやっと落ち着きました。

現在は大昔のデスクトップを使って作業を進めております。代わりのPCがあるだけでも、本当にありがたい(こっちもセキュリティの問題があってインドに電話をかけまくったのだが)。

とにかく、もう少し落ち着いたら、データのバックアップをもう一度確認して、
リ、リカバリしてみます。(←ぜんぜん自信がない)
こういうとき、フリーランスはつらい、と痛感。

そして、ハイテクは素晴らしいけれど、その脆弱性というかも思い知らされました。
ああ、紙の辞書とワープロで翻訳していたときが懐かしい。


ところで、こんなビデオクリップをFacebook友が教えてくれました(英語でごめん)。ローテク時代ばんざい、というのが要旨。↓

http://www.youtube.com/watch?v=LoGYx35ypus
スポンサーサイト
2009.03.15 Sun l 日常 l COM(2) l top ▲

コメント

アナログばんざい
私も定規と鉛筆で勝負してた時代が懐かしいです。
バックアップを取る前にクラッシュしてすべて台無しになる事もなければ、インターネットの調子が悪くてファイルが送れない、などと大騒ぎする必要もない。

ところでこのLouis CKという人は、面白いんだけど、<カソリックを学ぶ>とか言うのを見た事があって「げええ、こんな事言っちゃって大丈夫なのか」と非常にぶったまげた記憶があります。世が世なら火あぶりかも。(笑) 
2009.03.16 Mon l さく. URL l 編集
No title
◎さくさん
そうだよねー。テクノロジーのおかげですっごくいつもは得してると思うんだけど、うまくいかなくなると、こんなテクノロジーがなかった時代が懐かしくなる。人間って勝手だよね。
Louis CKっていう人、私ははじめて見たの。こんどそのカトリックのやつも探して見る~。
2009.03.20 Fri l kana. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。