上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
きのうの事件。

日本に金曜日必着で仕事関係の文書を送らなければならない。
EMSで送ろうと思ったのだが、5日間もかかるとのこと。
FedExと共謀、じゃなくて協力してやってるサービスなら3日以内に配達を保証する、というので、高いけど(70ドル 涙)お願いすることに。

ところが、相手先の郵便番号をシステムに入力したら、配達地域外なんだと。

離島とか僻地ならともかく(離島の皆さんすみません)、東京のビジネス街のどまんなかだから、絶対大丈夫の筈と主張したけれど、
いや、機械が受け付けてくれないからにはだめだ、と一点張り。

ははははは。(脱力)
アメリカ暮らしで、これほど脱力かつ憤怒したことはあまりない。

そこでUPS(宅急便ですね)に行ってみたところ、
40ドルで水曜日(日本時間木曜日のこと?)に着きますよーというので、もちろんUPSにした。

という話をLAに住んでる弟と話していたら、
やはりこちらに住んでいる弟の知り合い(日本人)のエピソードを教えてくれた。
日本から船便で送った子供の本が、届いてみると箱が開いていて半分本が消えていたかわりに、韓国語の本とお菓子が入っていたそう。
(同じアジア系の本を入れておけばいいってものじゃないだろうに 笑)

クレームをつけている最中だけれど、責任の所在がどこにあるのか明らかにするのが難しそうということで、泣き寝入りかなあ。

ちょっとびっくりしたのが、船便っていうからには、日本から太平洋を渡ってまっすぐ来るんだろうと思っていたんだけれど、どうやら東海岸経由できたらしい。要するにインド洋とか大西洋経由で来てるってことだよね。ものすごい遠回り。知らなかったー。
スポンサーサイト
2009.09.02 Wed l 日常 l COM(5) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。