上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この記事はブロとものみ閲覧できます
2010.11.21 Sun l ねこず l top ▲
日本に行っていたあいだの、うちのモミーとポピー。(本名モモとポポだけど、なぜか完全にモミーとポピーが定着)

近くに住むネコ大好きの友人Uと、斜め前に住む高校生の女の子Eちゃんの二人に、1日に1回ずつ来てもらってました。

友人Uは、餌と水、そしてトイレ交換を担当。
Eちゃんは、ネコの遊び相手と、そしてゲッコーの餌・水やりを担当。

でもけっきょく友人Uもかなり遊んでくれたらしい。Uには日本からも電話やメールで連絡していたので、安心でした。
ちなみに、この友人Uはスイス人。
ネコに話しかけるときはずっとスイスドイツ語で話しかけていたので、
うちの子たちは、バイリンガルどころか、もう立派なトリリンガルですから。

それはそうと今回、ネコたちと離れるのがいちばん大変だったのは、何を隠そうこの私。
日本にいた2週間、モモとポポの写真を見ることもできませんでした。泣いてしまいそうで。(←ばか)

帰ってきて、家のドアを開けたら、すぐに駆けよってきた二匹。
思いっきり抱き締めて、感動の再会を果たしました。(笑)

日本に行く前は、モモは子供達の膝にはあまりのってこなかったんだけれど、今はすっかり甘えんぼになって、すりすりしてます。

家具を傷つけられたり、変なところでトイレとかしているかなーと思ったけど、それも全然大丈夫でした。

も~なんていい子なの、うちのねこず達ってば!!(←親ばか全開)

IMG_4510momo_convert_20081016150410.jpg


IMG_4615cutepoppy_convert_20081016150432.jpg


IMG_4227mpsleep_convert_20081016150503.jpg

2008.10.16 Thu l ねこず l COM(5) l top ▲
やった。
今翻訳してる本の初稿が完了っ。
あとは、ひたすら原文と確認し、リサーチを進め、推敲するのみ。がんばるぞ。

さて、ネコのいる生活が始まってはや一週間。
本当に癒されております。なんでもっと早く飼わなかったんだろう。
ネコと遊んでいると、自分の悩みがとっても小さなものに思えます。

モモは、最初に会ったときからいきなり抱っこしてもOKで、すぐにゴロゴロのどを鳴らしてきた甘えん坊。

ポポは、最初は隠れてしまった怖がり屋。

だけど実際に家に来てみると、モモはなかなかわがままで焼きもち焼きな事が判明。モモを抱っこしていて、ポポも抱っこすると、すぐにちょっかいを出すし。
じゃれてあま噛みしてくるのもモモ。ポポは噛んだりはせず、とってもお利口で、すごくスイートなよい子。
でも2匹ともかわいい!!
いやー、幸せだ。(笑)

IMG_3458_convert_20080618143557.jpg
2008.06.18 Wed l ねこず l COM(8) l top ▲
この度、いきなりネコを飼うことにしました。
ははは。(←やけくそ)
わが家には珍しく衝動的な行動で、家族全員、まだ信じられない気分でぼおっとしています。

↓この2匹。生後10週間。なぜかだんなの仕事用の椅子がとりあえずお気に入りのようです。
IMG_3364_convert_20080612094818.jpg



いやあ、ずっと前から考えてはいたんだけど、犬かネコを飼いたいなって。

私はパグとか小さい犬がいいなと思ってたんだけど、でもどう考えても家を空けることが多いので、かわいそうかな、と。

で、ネコ。

うちのゲッコーのコオロギを買いに行くペットグッズ店に、アニマルシェルターがネコを連れてくるんですね。これはずるいです。

ということで、ある日、まずだんながある一匹に完全に惚れてしまったんだけれど、のろのろしているうちにいなくなってしまって。

そして昨日思い立って家族四人でまた行ったところ、私が今度は恋に落ちてしまって。
ふと気がつくとだんなももう1匹抱えているし。というわけで2匹。

とりあえずとても良いことは、ケンカばかりしていたうちの子供たちが、ぴたりとケンカをやめたことかな。

ということで、新しい生活が始まるぞっ。
まずは、うちのゲッコーを何とか守り抜かなければ。家庭内弱肉強食の世界だけは避けなければ。さあどうする。

2008.06.12 Thu l ねこず l COM(6) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。