上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
明けましておめでとうございます。

なんとなく、書きたいことが見つからないまま、今までずっと放置してしまいました。
その後、おかげさまで元気にしています。

長男は15歳。
次男は13歳。

長男はだんなの背をらくらくと超え、次男もとうとう私より大きくなってしまいました。

長男は遠距離の彼女とまだがんばっています。

次男は日本の姉妹都市との交流プログラムで、秋に日本でホームステイをしてきました。

二人とも、とうとうピアノは昨年末に辞めてしまったのだけれど、数年前から始めたビオラ(長男)とトロンボーン(次男)をオーケストラでやっています。

そのほかはヨットやサーフィン等々、海の男っぷりを発揮してます。

だんなは相変わらず元気ですが、Midlife Crisisまっただ中のお年頃です。

私は、仕事のおかげでひどい腰痛に倒れ、やっぱり体を大切にしなければと痛感しました。

昨年は大震災など、本当にいろいろなことがあって、ふだん当たり前と思っている日常を大切にしなければ、という思いをさらに強くしました。その気持ちを忘れずに、毎日を過ごしていきたいと思っています。

と、何だか近況報告ばかりになりましたが、こんな感じです。


写真+(44)_convert_20120103135930

お正月は日本式に凧あげをしました。




スポンサーサイト
2012.01.03 Tue l 日常 l COM(3) l top ▲
遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末年始はお蕎麦とおせちで過ごしました。元旦から義父母が来ていたのだけれど、2人ともものすごい風邪を引いていて大変でした。それでもおせちをちゃんと食べてくれたのが、偉い!

先週末は初釜に行ってきました。
2年連続でほかの方に着付けていただき、やっぱり日本人として恥ずかしいだろう自分!と大いに反省。この数日間、着付けのビデオを師匠とし、やっと着付けられるようになりました。まだまだかなり怪しい着付けですが、これからはなるべくお稽古にも着ていって、まずは着物に慣れようと思ってます。

ちなみにわが家は毎年、それぞれ新年の目標を立てるのですが、今年の目標のひとつ「着付けができるようになる」はこれでクリア。わはは!(←勝利の笑い)

なのであと2つ
「子供にもっと日本語で話す」
「いま目の前にあるものにもっと感謝の気持ちを持つ」

をがんばって行こうと思います。
2011.01.13 Thu l 日常 l COM(2) l top ▲

この記事はブロとものみ閲覧できます
2010.11.13 Sat l 日常 l top ▲
なんとなくモチベーションが下がって、なかなかブログが書けませんでした。
これからもおそらく不定期更新です。

この2カ月のあいだに起きたこと。

- 半年近く続いていたリフォーム工事が終わり、バスルーム二つ完成。日本式のお風呂にしたので、極楽。新しい寝室もひとつ完成。子供達、やっと自分だけの部屋が持てて、嬉しいようです。

- 訳書が出た。

- 長男は高校に入り、次男は中学の2年目(7年生)に。アメリカの高校って、本当にいろいろありますね。

- 結婚18年目のお祝いに夫婦だけでナパバレーへ。はしゃいでワインを飲み過ぎ、気持ち悪くなる。今度こそ大人飲みをしよう。

- 義父母が来て、義姉一家が来て、日本から母が来た。疲れた。(笑)

そして今日。
子供達が、2人だけで飛行機に乗って義父母の家に行ってしまいました。
約10日間、子供なしの生活です。
どちらか片方が1週間いないっていうのはあったけど、こんなに長く、しかも2人ともいなくなるのは初めて。

子供達はきっと大きく成長して帰ってくるんだろうな。
私もこの経験を通して成長するかな。(といいけど)
だんなと2人きりになるわけで、子供達が巣立った後のシミュレーションになるわけですね。嬉しいような怖いような。
2010.10.09 Sat l 日常 l COM(8) l top ▲
さてさて、日本から無事帰ってきました。

今回は馬籠→下呂温泉→白川郷→高山→軽井沢と国内旅行に行ってきました。今回の帰国についてはおいおい書きます。(たぶん)

しかし、東京は殺人的な暑さですね。思い切ってシエスタ制度を取り入れてはどうだろう、と思いましたが、だめでしょうかね。日本帰国最後の日、酷暑のなか、ラーメン屋に行ったわが家もわが家ですが、途中通った公園でランニングをしている人もいて驚愕。カルチャーショックを感じました。

カルチャーショックといえば。
昨日、夜7時ごろ一人で家に戻ってきてしばらくしたら、下の部屋で物音が。(だんなも子供も外出中だったのです)

下の部屋は現在工事中。窓がたまたま開いていたので動物(アライグマやネコ)が入ったのかな、とまず思ったのですが、もっと大きいものが動いているような音だったので、怖くなり外に出てだんなに電話。「向かいのJさんにいうか、警察に電話したら」とのこと。
Jさんは元警察官。J家にはいろいろとお世話になっているのです。

そこをちょうどJさんが通りかかったので、丁重にお願いしてみたところ、
「よしわかった。ちょっと待ってて。必要なものを家から取ってくるから」
と快く引き受けてくれました。

その後戻ってきたJさん。
もしかして、と思いはしたけれど、やはり手には
銃が握られていました。

いやあ私、アメリカ生活通算16年になりますが、
民間人が銃を持っているのを見たのはこれが初めてでした。

Jさんはハンティングをするらしいし、まあ銃は持っているだろうなと思っていたけれど、
やっぱりカルチャーショックだったなあ。
こういうとき、日本だったら野球バットあたりが定番だものね。

あ、音の原因ですが、けっきょくたぶん動物だったらしくて、何もいませんでした。
自らを危険にさらしてくれたJさんに深く感謝。(銃はこわかったけど)

ぜんぜん関係ない旅行の写真です。白川郷。↓

IMG_0883_convert_20100804144619.jpg






2010.08.04 Wed l 日常 l COM(4) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。